Global Carbon Project Tsukuba International Office

Temporary reduction in daily global CO2 emissions during the COVID-19 forced confinement 新型コロナウィルス感染拡大に関連した行動制限下における、世界で1日に排出されるCO2の量の一時的な減少について

日本語は英語の下にあります。
Japanese texts below.

Global Carbon Project (GCP)’s latest publication estimates the daily emission drop by 17% as a result of coronavirus confinement. This reduction is equivalent to the percentage of decrease required year-on-year for the next decade to achieve the climate target.

The net reduction from surface transport is the largest among the sectors examined. “At their peak, emissions in individual countries decreased by −26% on average”. The relative change is most significant in aviation with a decrease in the daily activity of −75% (−60 to −90%).

The publication has been pickup by some Japanese news — https://www.asahi.com/articles/ASN5M6GMXN5MULBJ00K.html

For further reading and resource, please see link below.

Publication: https://www.nature.com/articles/s41558-020-0797-x
Resource: https://www.globalcarbonproject.org/news/TemporaryReductionInCO2EmissionsDuringCOVID-19.html

Japanese

グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)は最新の論文において、新型コロナウィルス感染拡大に関連した行動制限の影響により、CO2の1日当たりの排出量が前年比で17%減少したと推定しました。この減少は、気候目標を達成するために、今後10年間に必要とされる削減の割合に相当します。

調査したセクターの中で、地上輸送による純削減量が最も大きい結果となりました。論文の中で、「ピーク時には、各国の排出量は平均で26%減少した」と推定されています。相対的な変化は、日々の運航の減少を伴う航空業界において最も著しく、75%(60〜90%)の減少となりました。

この発表については、いくつかの日本の報道でも取り上げられています。
https://www.asahi.com/articles/ASN5M6GMXN5MULBJ00K.html (朝日新聞)

詳しい情報については、以下をご参照ください。

論文: https://www.nature.com/articles/s41558-020-0797-x
GCPウェブサイト: https://www.globalcarbonproject.org/news/TemporaryReductionInCO2EmissionsDuringCOVID-19.html