CGER Reports 2007. 1. 5.
[CGER-D038-2006]
表紙イメージ

Greenhouse Gas Emissions Scenarios Database and Regional Mitigation Analysis

 概要- 97p -
「温室効果ガス排出シナリオデータベースおよび緩和シナリオの地域別評価」と題した本レポートは、IPCC第四次評価報告書に向けて、第三次評価報告書以降の新たな排出・緩和シナリオの情報を収集・解析したものである。温室効果ガス排出量、エネルギー消費量、前提となる人口、GDP等の社会経済活動量等を整理するとともに、異なるシナリオ間の特徴を、データやグラフを用いて様々な視点から分析・検討している。文献情報、シナリオ情報、データ解析の例などがとりまとめられており、広く研究者や行政担当者の利用が期待される。

(注)本レポートで説明されているデータベースに作成者の了解の得られていない誤ったデータが入っていました。本件に関して、データベースから削除し、対応するレポートの箇所を修正しました。修正しましたレポートを格納しましたのでご参照下さい。

PDFファイルでの閲覧及びダウンロードも出来ます。

一括ファイル PDF: 6.63MB
Cover
Foreword
Preface
Acknowledgements
Contents
List of Figures
List of Tables
1 Introduction
2 Emissions Scenarios Database
2.1 Background of the Database
2.2 Update of the Database
2.3 Structure of the Database
3 Overview of indicators
3.1 Population
3.2 GDP
3.3 Primary energy consumption
3.4 GHG emissions(CO2,CH4,N2O)
3.5 Carbon tax
4 Regional Mitigation Analysis
4.1 Characterization of mitigation scenarios
4.2 Review of mitigation scenarios
4.3 Methodology of quantitative analysis of Scenarios by SRES 4 regions
4.4 GHG emissions(CO2,CH4,N2O)
4.5 Energy intensity
4.6 Carbon intensity
4.7 Relationship between carbon intensity and energy intensity
4.8 Costs of mitigation measures
5 Conclusion
References
Appendix1 Results of literature searches
Appendix2 Mitigation scenarios since TAR
Appendix3 Emissions Scenarios Database Homepage
Appendix4 Call mitigation scenarios since TAR