CGER Reports
2007. 3.16
[CGER-I071-2007]
I071表紙イメージ

Proceedings of the First Workshop of Japan-UK Joint Research Project “Developing Visions for a Low-Carbon Society through Sustainable Development”

概要- 98p -
 京都議定書発効一周年の2006年2月16日に、日本環境省と英国環境・食糧・農林地域省が共同して科学研究プロジェクト「持続可能な発展につながる低炭素社会ビジョンの構築」を発足することを発表した。同年6月に3日間にわたる第1回国際ワークショップが東京で開催された。19カ国、6国際機関から集まった54名の専門家が、各国における低炭素社会の実現に向けた知見を交換し、低炭素社会の定義を行った。本講演集はそのワークショップにおける発表、議論およびワークショップに先立って行われた公開シンポジウムでの発表等を取りまとめたものである。これらの成果の一部は既にG20やCOP12等で報告され、関心を集めている。

PDFファイルでの閲覧及びダウンロードも出来ます。
[PDFファイル: 3.54MB]
送付のお申し込み及びお問い合わせ


目次
  • Foreword
  • Preface
  • Contents
  • Co-Chairs’ Summary
  • Open Symposium
    • Agenda
    • Welcome Addresses
    • Key-note Speeches
    • Panel Discussion Summary
    • Closing Address
  • Expert Workshop
    • Agenda
    • Welcome Address
    • Introduction: Sharing the objectives of this workshop
    • Session 1: “Why do we need Low-Carbon Society?”
    • Session 2: “How to develop Scenarios: Methodologies for LCS”
    • Session 3: “Win-Win strategies: Aligning Climate Change and Sustainable Development Objectives”
    • Session 4: “How to Achieve LCS: Low Carbon Options”
    • Session 5: “Break Out Sessions”
    • Session 6: “How to Achieve LCS: National and Global Cooperation”
  • Appendices
    • I: Press Release on Feb.16, 2006
    • II: List of Invited Participants
    • III: Abbreviations of Institutes
    • IV: Executive Summary
    • V: Japan and UK Ministers’ Letter at COP12
    • VI: International Steering Committee
    • VII: Japan Low Carbon Society Scenarios toward 2050