2006年3月号[Vol.16 No.12] 通巻第184号

  • 決して望ましくないがありえそうな気候変化物語
  • 「地球温暖化に関する討論会—温暖化の原因と対策についての賛否討論—」に参加して
  • 摩周湖における透明度の変化
  • 温暖化ウォッチ [8] ~データから読み取る~ 異常気温が現れたときの植物季節の変化
  • 国立環境研究所で研究するフェロー:吉田幸生, 江口菜穂
  • ILAS-II Version 1.4 レベル2データの一般公開開始
  • 観測現場から—つくば—

2006年3月号(PDF, 2.2 MB)

2006年2月号[Vol.16 No.11] 通巻第183号

  • 第3回MeREMワークショップに参加して
  • AGU (American Geophysical Union) Fall Meeting 2005参加報告
    • 陸域炭素循環に関する発表と研究の動向
    • GOSATプロジェクト研究発表
    • ブース展示報告
  • 「第4回独日都市気候学会議—都市計画のための気候解析—」の報告
  • 2005年ブループラネット賞受賞者による記念講演会報告 [II] 海水には窒素、リン、鉄が不足
  • 温暖化ウォッチ [7] ~データから読み取る~ 温暖化の影響が顕著な果樹生産
  • 四季折々—霞ヶ浦—

2006年2月号(PDF, 994 KB)

2006年1月号[Vol.16 No.10] 通巻第182号

  • 気候変動枠組条約第11回締約国会合(COP11)および京都議定書第1回締約国会合(COP/MOP1)報告
    • 政府代表団メンバーからの報告
    • ブースでの研究成果の展示・宣伝活動
    • サイドイベント報告
  • 2005年ブループラネット賞受賞者による記念講演会報告 [I] 地質学的堆積物、地質学的時間と気候変動
  • 愛・地球博が残した物~会場内の二酸化炭素濃度連続測定~
  • 国立環境研究所で研究するフェロー:平田竜一, 岩男弘毅
  • 温暖化ウォッチ [6] ~データから読み取る~ 流氷消滅の悪夢
  • 観測現場から—富士北麓—

2006年1月号(PDF, 1.6 MB)

2005年12月号[Vol.16 No.9] 通巻第181号

  • 「炭素循環および温室効果ガス観測ワークショップ」報告
  • 連携の勧め—わが国の観測研究の弱点と「連携拠点」の活用
  • 2005年ブループラネット賞受賞者との意見交換会
  • 森林生態系の炭素収支観測プロジェクトの再開—富士北麓カラマツ林での観測概要—
  • APN CAPaBLEプロジェクト:タイの水田・埋立地のメタンフラックスの測定支援に関する活動報告
  • 温暖化ウォッチ [5]~データから読み取る~ わが国の高山植物が示す地球温暖化影響
  • 観測現場から—波照間—

2005年12月号(PDF, 1.6 MB)

2005年11月号[Vol.16 No.8] 通巻第180号

  • AsiaFluxの現状と課題
  • 第7回二酸化炭素国際会議(ICDC7)報告
  • 「地球環境研究総合推進費」における制度改革の動きについて
  • 温暖化ウォッチ [4] ~データから読み取る~ 東アジアにおける近年の雨の降り方の変化
  • APN CAPaBLEプロジェクト:カンボジアにおける温室効果ガスインベントリの精度向上のためのパイロットスタディー活動報告
  • スーパーコンピュータによる地球環境研究発表会(第13回)報告
  • つくば科学フェスティバル2005参加報告
  • 観測現場から—ソウル—

2005年11月号(PDF, 1.3 MB)

2005年10月号[Vol.16 No.7] 通巻第179号

  • 地球環境研究センター創立15周年
    • 地球環境研究センターを創った言葉たち
    • 地球環境研究up-to-dateインタビュー [25] ~地球環境研究センターを創った人たち~
    • 地球環境研究センター沿革
    • 地球環境研究センター事業
  • 森林生態系の炭素収支観測プロジェクトの再開—富士北麓カラマツ林での観測拠点の整備—
  • 国立環境研究所で研究するフェロー:Stephan Scholz
  • 温暖化ウォッチ [3] ~データから読み取る~ 熱波による過剰死亡
  • 観測現場から—天塩CC-LaGサイト—
  • 【原文】国立環境研究所で研究するフェロー:Stephan Scholz

2005年10月号(PDF, 651 KB)

2005年9月号[Vol.16 No.6] 通巻第178号

  • 宇宙から見る炭素(Carbon from Space)シンポジウムに参加して
  • 温暖化ウォッチ [2] ~データから読み取る~ 異常気象の被害は増えている?
  • 関西学院大学生研修報告
  • 国立環境研究所で研究するフェロー:Manish Naja
  • 観測現場から—摩周湖—
  • 【原文】国立環境研究所で研究するフェロー:Manish Naja

2005年9月号(PDF, 870 KB)

2005年8月号[Vol.16 No.5] 通巻第177号

  • 気候変動に関する政府専門家セミナーに出席して
  • 地球環境研究up-to-dateインタビュー [24] 気象研究所 藤谷德之助所長
  • 環境省だより 「今後の国際環境協力の在り方について」に係る中央環境審議会の答申について
  • 温暖化ウォッチ [1] ~データから読み取る~ 近年の桜の開花異常!?
  • 愛・地球博の楽しみ方~体感する環境配慮技術~
  • 温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)シンポジウムの開催報告
  • 地球環境研究センターのGOSATプロジェクト
  • 「国立環境研究所夏の大公開」実施
  • 観測現場から—落石岬—

2005年8月号(PDF, 1.0 MB)

2005年7月号[Vol.16 No.4] 通巻第176号

  • 2003年度(平成15年度)の温室効果ガス排出量について~総排出量13億3,900万トン、前年度から0.7%の増加~
  • GEMS/Water Technical Advisory Group Meeting 報告
  • 地球環境研究up-to-dateインタビュー [23] 東京工業大学 冨浦 梓監事(元国立環境研究所監事)
  • 平成17年度エコスクール・落石大気環境モニタリングステーション学習会にて
  • 国立環境研究所で研究するフェロー:木下嗣基
  • 観測現場から—SKAUBRYN—

2005年7月号(PDF, 791 KB)

2005年6月号[Vol.16 No.3] 通巻第175号

  • International Conference “Biodiversity: Science and Governance”(生物多様性:科学とガバナンスに関する国際会議)の概要とフォローアップ
  • 「地域炭素管理のための社会ネットワーク理論の応用」グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)国際ワークショップ報告
  • インタビュー人と環境の未来のために [9] NPO法人宍塚の自然と歴史の会:及川ひろみ理事長
  • 国立環境研究所で研究するフェロー:Rajesh Nair(ラジェシュ・ナイール)
  • CGER広報部門—研究成果の加工と発信
  • 観測現場から—霞ヶ浦—
  • 【原文】International Workshop on Social Networks Theory and Methodology: Applications for Regional Carbon Management
  • 【原文】国立環境研究所で研究するフェロー:Rajesh Nair

2005年6月号(PDF, 974 KB)

2005年5月号[Vol.16 No.2] 通巻第174号

  • IPCC第2作業部会第4次評価報告書第2回執筆者会合に参加して
  • 地球環境研究up-to-dateインタビュー [22] 国立環境研究所 理事長:大塚柳太郎
  • 温室効果ガス排出・吸収目録の審査専門家に関するトレーニングセミナー開催の報告
  • 2005年度の地球環境研究センターの事業展開について
  • 観測現場から—波照間—
  • NIES hosts UNFCCC Inventory Review Training Seminar

2005年5月号(PDF, 3.4 MB)

2005年4月号[Vol.16 No.1] 通巻第173号

  • 温室効果ガスの安定化濃度に関する科学者会合報告
  • 第6回地球観測に関する政府間作業部会(GEO-6)報告
  • 地球環境研究up-to-dateインタビュー [21] 東京大学大学院工学系研究科:小池俊雄教授
  • 「石油特会—建物省エネプロジェクト」のコンセプトと初年度の成果
  • EFF研究者の紹介:Kenneth Ross Parker
  • GOSATプロジェクト:新しい段階に移行
  • 観測現場から—GIO—
  • 【英文】EFF研究者の紹介:Kenneth Ross Parker
  • 【英文】観測現場から—GIO—

2005年4月号(PDF, 883 KB)

TOP