地球環境研究センター

REPORT 2016年9月号

ビッグデータを活用した都市レジリエンス研究に向けて—12-th International Urban Planning and Environmental Association Symposium (UPE 12) 参加報告—

村上大輔・山形与志樹

2016年6月1〜3日にリスボン大学(ポルトガル)で標記シンポジウムが開催され、山形と村上が参加しました。このシンポジウムの目的は都市・環境計画、持続可能な都市開発に関する研究者間の対話を促すとともに、持続可能な都市成長に向けた実用的な方法論・ツールの …

INTERVIEW 2016年9月号

インタビュー「地球温暖化の事典」に書けなかったこと 15 より正確な生態系の炭素収支モデルを目指して—ポイントは呼吸や複雑な影響の解明—伊藤昭彦さん

編集局

「地球温暖化の事典」(地球環境研究センター編著)の執筆者に、新たな知見や今後の展望などをインタビュー。第15回は、伊藤昭彦さんに、陸域生態系モデルの開発や炭素収支の把握に重要となる土壌や生態系の呼吸量についてお聞きしました。

NEWS 2016年9月号

地球温暖化研究棟に新たな太陽光パネルが設置されました—建物修繕による防水工事にともなって—

井桁正昭

ここ国立環境研究所地球環境研究センターがある地球温暖化研究棟(4,900m2、3階建て、RC構造)は平成13年3月に竣工されました。当時は、当研究所が環境省の附属等機関から独立行政法人となる大きな転換期でした。その新たな出発と同時にできた …

QUIZ 2016年9月号

酒井広平講師による「検定試験問題を解いてみよう」シリーズ 31世界の温室効果ガス排出量—3R・低炭素社会検定より—

編集局

3R・低炭素社会検定は、持続可能な社会の実現のため、3Rや低炭素社会に関する知識を活かして、実践行動を行う人を育てることを目的としています。【3R・低炭素社会検定 低炭素社会分野試験問題解説集「はしがき」より】 検定試験問題から出題します。