地球環境研究センターニュース

RESEARCH 2016年12月号

2013年夏に日本上空でメタン濃度が急上昇温室効果ガス観測技術衛星GOSAT「いぶき」が高濃度メタンを検出

石澤みさ

温室効果ガス観測技術衛星GOSAT「いぶき」は、主要な温室効果ガスである二酸化炭素とメタンの吸収・排出量の推定精度を高めることを目的に、地球大気中の温室効果ガス濃度(カラム平均濃度)を宇宙から観測しています。このGOSATが、2013年夏の日本上空で …

RESEARCH 2016年12月号

長期観測を支える主人公—測器と観測法の紹介— 14キャビティリングダウン分光法で測る温室効果ガス—落語風説明—

向井人史

温室効果ガスの濃度を測る最新の機械について、ご隠居と八っつぁんが解説します。例によって慌て者の八っつぁんは、“キャベツとりんごのなんとか” という、なんだかおいしそうな食べものを使って測ると思っているようですが……