わが国の温室効果ガス排出量

15.
わが国の2015年度(平成27年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億2,500万トン、二年連続の排出量減少〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 小坂尚史
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 連携研究グループ長 野尻幸宏
2017年6月号 [Vol.28 No.3]
14.
わが国の2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億6400万トン、2009年度以来、初めて減少に転じる〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 伊藤洋
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 連携研究グループ長 野尻幸宏
2016年7月号 [Vol.27 No.4]
13.
わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について 〜京都議定書の第二約束期間における最初の排出量の報告〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 尾田武文
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 連携研究グループ長 野尻幸宏
2015年6月号 [Vol.26 No.3]
12.
わが国の2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量について 〜第一約束期間の排出吸収量出揃う。マイナス6%の目標を達成〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 小坂尚史
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2014年6月号 [Vol.25 No.3]
11.
わが国の2011年度(平成23年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億800万トン。前年度比で増加するも、第一約束期間の目標達成へ近づく〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 酒井広平
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2013年6月号 [Vol.24 No.3]
10.
わが国の2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量12億5,800万トン、前年度から増加に転じる〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 畠中エルザ
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2012年6月号 [Vol.23 No.3]
9.
わが国の2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量12億900万トン、1995年度以降初めて基準年排出量を下回る〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 特別研究員 赤木純子
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2011年6月号 [Vol.22 No.3](PDF, MB)(PDF, 4.4 MB)
8.
わが国の2008年度(平成20年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量12億8,200万トン、前年度から6.4%の大幅減少〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 酒井広平
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2010年5月号 [Vol.21 No.2](PDF, 3.8 MB)
7.
2007年度(平成19年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億7,400万トン、前年度から2.43%の増加〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス NIESアシスタントフェロー 酒井広平
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2009年6月号 [Vol.20 No.3](PDF, 4.7 MB)
6.
2006年度(平成18年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億4,000万トン、前年度から1.3%の減少〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス NIESアシスタントフェロー 酒井広平
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2008年7月号 [Vol.19 No.4](PDF, 6.2 MB)
5.
2005年度(平成17年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億6,000万トン、前年度から0.2%の増加〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス NIESアシスタントフェロー 小野貴子
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス NIESアシスタントフェロー 酒井広平
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2007年9月号 [Vol.18 No.6](PDF, 4.7 MB)
4.
2004年度(平成16年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億5,500万トン、前年度から0.2%の減少〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス リサーチャー 相沢智之
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 野尻幸宏
2006年7月号 [Vol.17 No.4](PDF, 1.6 MB)
3.
2003年度(平成15年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億3,900万トン、前年度から0.7%の増加〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 共同研究員 矢野雅人
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス リサーチャー 相沢智之
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 中根英昭
2005年7月号 [Vol.16 No.4](PDF, 791 KB)
2.
2002年度(平成14年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量13億3,100万トン、前年度から2.2%の増加〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 中根英昭
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス リサーチャー 相沢智之
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 共同研究員 森本高司
2004年6月号 [Vol.15 No.3](PDF, 1.4 MB)
1.
2001年度(平成13年度)の温室効果ガス排出量について 〜総排出量12億9,900億トン、前年度から2.5%の減少〜
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス マネジャー 中根英昭
  • 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス リサーチャー 相沢智之
2003年9月号 [Vol.14 No.6](PDF, 694 MB)

TOP