CGER Reports 2006.11.2
[CGER-D040-2006]
表紙イメージ

マテリアルフローデータブック〜日本を取りまく世界の資源のフロー〜第3版

概要- 131p -
 本書は、環境資源勘定に関する研究で整備されたマテリアルフローデータを、世界か ら日本へ流入する自然資源の輸入という側面を中心に地図と数表でまとめたもので す。化石燃料や地下資源に乏しく世界有数の資源輸入国である日本を世界の資源のフ ローの中でとらえることは、輸入資源の採取や輸送に伴う環境問題を考える上で不可 欠です。
 本データブックの第1版は、地球環境研究総合推進費の成果をもとに1999年に刊行さ れ、2003年に新しい年次のデータを追加して和英併記・CD-ROM付とするなど体裁を一 新して第2版を刊行し、今回第2版以降の新データを追加して第3版としました。
 本書が広く地球環境問題や資源貿易問題に関心をもつ方々に利用いただければと願っ ています。

一括ファイル PDF: 9.3MB 貿易フロー図・貿易マトリックス

Cover
Foreword
Preface

Chapter1 Introduction
1.1 Goal of This Publication
(1) How This Publication is Put together
(2) A Society of Mass Production, Mass Consumption, and Mass Disposal, and Environmental Issues
(3) The National Institute for Environmental Studies’ Involvement in Material Flow Accounting序文
(4) “Hidden Flows” and the Latent Meaning of Resource Trade
(5) Using this Data Book
1.2 Overview of Japan’s Material Flows
1.3 Overview of Global Resource Trade Flows
(1) Total Worldwide Material Flow
(2) Flow of Food Resources
(3) Flow of Wood Resources
(4) Flow of Metal Resources
(5) Flow of Fossil Fuel Resources
REFERENCES
ChapterII Method for Creating Trade-flow Map/Trade Matrix
1. The Data
(1) Data Format
(2) Level of Coverage of Total Trade
(3) Commodity Categories and Category Codes
(4) Level of Coverage of Quantity Data
2. Commodities Covered
3. Creating the Trade Matrix
(1) Convert Trade Data (PC-TAS)
(2) Extract Corresponding Commodity Records
(3) Adjust Import/Export Data
(4) Statistically Extrapolate Quantity Data
(5) Convert to Matrix Format
4. Creating the Trade-flow Map
5. Notes on Interpreting the Trade Matrix and Trade-flow Map
(1) The Trade Matrix
(2) The Trade-flow Map
(3) Re-export
Japanese
表紙

はじめに
目次
図表目次
第 I 章 解説
1.1 本データブック刊行のねらい
(1) 本データブックの構成
(2) 大量生産・大量消費・大量廃棄型社会と環境問題
(3) マテリアルフロー勘定と国立環境研究所における取り組み
(4) 「隠れたフロー」と資源貿易の潜在的な意味
(5) 本データブックの利用について
1.2 日本をとりまくマテリアルフローの概要
1.3 世界の資源貿易フローの概観
(1) 世界の総マテリアルフロー
(2) 食料資源のフロー
(3) 木材資源のフロー
(4) 金属資源のフロー
(5) 化石燃料資源のフロー
関連文献等
第 II 章 貿易フロー図・貿易マトリックスの作成方法
1. 利用データ
(1) データ形式
(2) 取引の捕捉状況
(3) 品目分類および分類コード
(4) 物量データの捕捉状況
2. 対象品目
3. 貿易マトリックスの作成
(1) 貿易データ (PC-TAS) の変換
(2) 対象品目レコードの抽出
(3) 輸出入データ調整処理
(4) 物量データの拡大推計処理
(5) マトリックス形式への変換
4. 貿易フロー図の作成
5. 貿易マトリックスおよび貿易フロー図の見方・留意点
(1) 貿易マトリックス
(2) 貿易フロー図
(3) 再輸出
ChapterIII Trade Flow Figures (貿易フロー図 )